« 2009年8月24日 | トップページ | 2009年9月11日 »

2009年8月30日

※絵更新は星蓮船ネタバレ絵なので、記事の下部「続きを読む」の先に置いています※

■やっと三月精新刊を買ってきました、これからのんびり読みますー。

■Web拍手頂いてますー。

お疲れ様です。新刊、読ませていただきました!もう一つの儚月抄、って感じで何回も読み返してます。こんな作品も、良いモノですね。
 イメージは劇場版東方、という感じですかね。毎回こういう本だと私の身がもたないのでw次はのんびりした本にしようかなと。

私製東方儚月抄読みました。面白かったです。儚月抄は自分も綿月と共闘するのかなーと思っていました。それを同人誌で補完出来たので読んで良かったと思いました。サクヤのジョウガ(母親)に対する気持ちも本で読んで見たかった気もします。
 ありがとうございますー、本来綿月姉妹と幻想郷の面々とが対立する理由があまりないんですよね。
 「咲也」と母親の話は、それだけで一冊本が出来そうなんですけど…私製東方儚月抄を読んだことがある人限定になってしまうのが難点ですね。サクヤはもちろん今、紅魔館にいるあの人の…。

直接手をかけたのは紫なりの礼儀>この手で相手を仕留めた、この手を汚して殺めたという事実を自身に刻み付け、永劫忘れることなく、その現実を受け入れ、正対して生きてゆく・・・そんな感じでしょうか・・・。やはり「幻想郷を統べる魔王」の器なのですねぇ・・・。
あと、れーせんちゃんは普段あんなでも、根はしっかり「軍人」してるんだなぁとかw
豊姫の「一緒に・・・死んでくれる?」なんかも重いですね~・・・自身の安穏の全てを投げ出し、不退転の決意で勝算薄い戦争へ赴く決意、如何程のものだっただろう。なんかもう読めば読むほど溢れてきますね~ww

 鈴仙に関しても実は設定を変更していまして、無理な命令に対する抗命罪を問われ脱走したことにしています。紫が本編72ページで美也子に言う「アポロ戦役での予想外の苦戦を全て現場の責任にして…」は鈴仙にも関係しているのです。
 #訓練がつらくて脱走したなんて設定…ちょっとガッカリ過ぎやしませんかw

そりゃあもうアレですよ旦那。「わ、私だってもう大人なんです! あなたの奥さんにだってなれるんです!」と背伸びする早苗さんを優しく受け止めネチョということでしてねグヘヘヘヘ
 「大人に出来る事は私にもできます!」とか言ってよしその案採用…と思ったのですが、星蓮船のおまけ設定テキストとバックストーリーを読むと、すごく落ち着いた早苗さんの姿があってさてどうしたものかなと…。
 #私が今どう描くべきか悩んでいるのは、星蓮船での早苗さんのはっちゃけ暴走っぷりそのものでは無くて、過去作や非想天則の早苗さんとどう整合性を取って今後描いていくかという点にあります。

新刊を読みました。
想像していたよりも遥かにスケールの大きい展開と、
幻想郷メンバーがうまい具合に役割分担されていること、
そして、魔理沙のひたむきさに目頭が熱くなりました。
泣けます。素晴らしいです!!!

 ちょっとキャラを出し過ぎて主役の魔理沙がちょっと霞んだ感じはあるのですけどね。ただあくまで東方二次創作ですので、やっぱりキャラには活躍して欲しいですし。

pixivにて新作を拝見いたしました。なんというか、こう・・・「妹の上目遣い」を感じましたよ
 上目遣いいいですよね、ちょっと不安そうな感じだとさらにいいと思います(真剣に

夏の新刊読ませて頂きました。友人からの口コミで知ったのですが、これは凄い。儚月抄を元にしてこんなにワクワクさせる展開が作れるとは驚くばかりです。
儚月抄にはメリハリが足りないと言いますか、進むべき、倒すべき目標が存在しないのでダレてしまったのではないかと私は考えておりました。そこに、魔理沙が星空を目指すという目的を与えて再構成した、ヤマグチタカシさんの手腕には感服しました。
先に原作を読んで(ある程度失望して)いることが前提とはいえ、これだけの胸のすく思いを味わわせていただいてありがとうございました。

 ありがとうございます、でも飽くまで二次創作ですので、儚月抄の設定に負う部分はやはり大きいですよ。当初は東方を知らない人にも読めるようにしようと構想していたのですが、このページ数では難しく削らざるを得なかったのはちょっと残念に思っています。

制服の早苗さん、グッドです!!次回作に、出るのか?
 特典の絵だと制服が守矢柄ですしね。撮影用衣装だとは思いますが、おそらく神奈子様が各種製作している守矢神社巫女服の一枚なのではないかとw

私は絵に関しては素人ですが、ヤマグチさんのカラーイラストはヤマグチさんの独特のやわらかくて華やかな色彩センスがうまく発揮されているように思います。優しさがにじみでているようで大好きです。
 ありがとうございますー、ただやっぱり苦手だなと(汗 モノクロだと完成イメージが良く見えるのですけど、カラーは塗ってみないと判らない感じでいつも手探りなんですよ。

上手い人や自分の塗りを確立されている方でも新しい技法を取り入れたり、今までの塗り方を一から変えたりするぐらいですから…
難しいですね、もしかすると正解はないのかも…?
ヤマグチ様の絵柄だとやはり明るい色調の塗りが似合うのかな?
自分は最近絵も描かないし、色も塗らないので良いアドバイスができなくて申し訳ありません。
この塗り方=ヤマグチ様の絵のようになれるように頑張って下さい!

 正解が無いからこその面白い、というのも確かですけどね。モノクロとのイメージの差も自分では気になるところでして、まだまだ研究が足りませんね。

ここで断言してしまいましょう、ヤマグチさんの描く早苗さんは!間違いなくッ!三本の指に入る実力だッ!
…私の中でですけど…いや、本当です。考察も面白いです。無邪気な早苗さん…霊夢の妹分な早苗さんか…みなぎりますね

 ありがとうございます、…あとの二本の指は誰なのかちょっと気になりますがw
考察の方は、おまけテキストを読んでみるとこれも違う感じで、さてどうしようかとw 場面を重視して、登場人物の性格をその場その場で変えるのは、過去の古典名作にもあることではありますが、東方のキャラの場合はそうでもない感じでどう整合性を取るべきかと悩んでいます。

新刊すごく面白かったです。
特に土に還る事で地球になるという解釈は目から鱗でした。

 ありがとうございます、実はあの解釈は当初構想では無くて、ネーム中に突然、魔理沙が言い出して描いている私自身が驚きました。
 #漫画を描いていると、不思議なものでキャラが全く独立した人格として振る舞うことも多々あるんですよね。

■絵。星蓮船6面ボス。

■星蓮船では目下一番のお気に入り、聖白蓮さん。隣接Win機にスクリーンショットを表示しながら描いたのですが、途中から筆が乗って勢いで描いたところ、胸元の処理を盛大に間違えた事に完成寸前で気付きましたが気にしないことにします。
 pixivではカラー版を載せたのでこちらではモノクロ版を。

Cb20090830m

カラー版はこちら。

|

« 2009年8月24日 | トップページ | 2009年9月11日 »