« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月29日22時過ぎ

■紅楼夢…!
 更新なくて申し訳ありません。現在特急料金コースになってまして、抗生物質服用しながら未だ修羅場中です。Web拍手頂いておりますが(とてもありがたいです)お返事はまた後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日19時過ぎ

■紅楼夢原稿
 本文の遅れは非番日で吸収出来る範囲内に収まっています、一方で表紙は一部描き直しました。
もし以前の表紙画像を保存している人がおりましたら比較して笑ってやってください。下描き段階、ペン入れ段階、塗り段階と、いずれの時点でも、これだけのデッサンの欠陥に描いていた当時の私は気付かなんだ…。

■Web拍手頂いてます〜。
>表紙キター!と浮かれたのは紅の文字の所まで…。スクロールしてがっかり。素人の意見ですが下半身に違和感が。背景や彩色の技術は素晴らしく上達されてます。人体の描き方はマリみてしている頃の方がまとまりが良かった気がします。偉そうにすみません。

コメントを読んだ瞬間、多分私の顔は真っ青だったと思います…。全くご指摘のとおりで、失望させてしまいまして申し訳ありません、出来る限り修正してみました。気づかせてもらってありがとうございました、もしこれが印刷までかかったあとだったらと思うとぞっとします。

 人体デッサンに関して「マリみての頃の方がまとまりが良かった」とのご意見ですが、これは自分でもそう感じています。
 東方を描き始めて最初のうち(今年5月の八雲夢枕語あたりまで)は、頭身基準は「マリみての頃のまま気持ち低め」で描いていました。しかし東方はマリみての公式絵と違い、「見た目年齢」が低いこともあり、ついには「おばさんみたい」とまで酷評されてしまい(同じ10代の少女を描いているつもりだったのでショックだった)、8月以降大幅に頭身を落としたのですが…ちょっと急激に変更を加えすぎたためにバランスがかなり不安定になっていて、毎回悩みながら描いている状態です。
 もうしばらく描き慣れれば安定してくるとは思うのですが、今回の表紙の一件はこのあたりの不安定さが一番鮮やかな形で顕在化したとも言えます。…一言で言ってしまえば単に修行不足なだけなのですが。

>きっと早苗さんは何も穿いてないt(ry
 穿いてない可能性も否定出来ないですからね、神奈子様あたりに騙されて(笑)早苗さん素直そうだからうっかり信じちゃうのではないかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日20時あたり

■紅楼夢新刊とか
 ↑上の方にて、11月4日東方紅楼夢で発表予定の新刊「アリスと魔理沙と紅魔館」の表紙を公開しました。前作の表紙がえちい感じだったので今回抑えました、まあ胸元が開いたりしているのは撮影用衣装ということで。中身はアリマリ(…だと思うんだが)漫画で、例によってえちい要素はありません。

 今回、セル塗りっぽくしてみたのですが…うーんどうなんだろう。

■Web拍手頂いてます〜。
>もう早苗さんをしたに隠さなくてもいいじゃまいか
という訳で、元の仕様に戻してみました。予定より早く風神録ネタバレ公開したので、念のため空白を開けておいたのですが、もはや不要でしたね。…うお〜早苗さん描きたいなあ、漫画にしたいのとかいろいろあるのですが、今は原稿が先なので。

>ふふふふふふ、見ましたよ〜…何をだっ!
 あ、あれを見られてしまいましたか。多分あの本のことだと推測してコメントしますと、題名の「キュウリ」は「あれ」の暗喩です。どちらにするか迷いましたが「ニガウリ」ほどではないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日23時前

■紅楼夢
 現在、原稿の全力生産に入っています(稼働率が100パーセントにならないのが難しいところ)。紫様とか早苗さんとか機関車とか描きたくてたまらないのですが、脱稿するまでは無理そうです。表紙絵は明日公開できるといいな。
 切符や宿は既に手配済み、あかつき号「寝台指定券」の文字が眩しすぎる…!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日22時過ぎ

■紅楼夢原稿
 例によってネーム完成が予定日を超過して、作画日程を圧迫する展開ですが、かといってネーム未決で作画に入っても自分の首を絞めるだけなのでこれはもうしかたないところ。体力負担軽減のためにQPコーワの使用を許可する!
 ちょっとサンプル上げられる状態でないので作画途中の風景でも。「アリスと魔理沙で紅魔館(仮)」
Cb20071011a
Cb20071011b
…あ、割と進捗してそうでまだ真っ白なページも一杯ですよ、バックグラウンドの作品ファイルウィンドウが物語る。

■iTunes
 …Macユーザーなのに音楽再生業務はメッセンジャー業務と同じくWin機担当なのは、CPUパワーを稼ぐためのG4時代からの名残。バージョン7.3になってから同じファイルでも以前と音が違うんですが…イコライザ誰かいじったのか?という感じで、これまで聞こえなかった音が聞こえるようになったり、逆に聞こえなくなったり、曲によっては「別アレンジ!?」ってのも。これは私だけなのかなあ。

■Web拍手頂いてます〜
>「風神録やって漸くコメント送れます。パンツ? そんなものはいてないに決まってるじゃないですか。Mya」
 ありがとうございます〜、風神録解禁予定より早めてすみません。なるほど、はいてない案も検討したのですが…おや、まてよレイヤー機能で…。

>「バスガイドさんに「西郷さん以外で、鹿児島出身の有名人を知っていますか?」と聞かれたので「ヤマグチ・タカシ」と答えました。「誰です?」 「有名な画家です、知らないんですか?」」
ちょ、ええっとこれ冗談ですよね、本当にそう答えたわけじゃないですよね?ね? 全然有名じゃないし画家じゃないですから(大汗) 東方関係でも無名なのに、逆にバスガイドさんが知ってたら謎ですって(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月7日22時近く

■ガンダムOO
実は放送日を失念していて見損ねてしまったのですが(汗 知人が録画していたのを今日になって見せてもらいました〜ありがとうございます。
  取りあえず…おっぱいが凄いことはよくわかりました。


勢いで描いた早苗さん漫画みたいなもの。
Cb20071007

■Web拍手頂いてます〜
>「>仕方なくドロワ買って帰る姿〜 早苗さんがとぼとぼおうちに帰る姿を想像したら非常に萌えました 今回の新刊を楽しみに委託待ちしております。寝台で遠征ファイト!寝台内は夜冷えると思うので風邪には気をつけていってらっしゃいませ〜」
 はい〜頑張ります。保温対策は必要でしょうね。もっとも今現在、鹿児島は未だ夏状態なのですが…11月にはさすがに寒くなっているでしょうし。実は鉄道ファンなので寝台特急はむしろご褒美です(笑)

>「叶う願い、きっとある。 アリス×メディスン」
>「最後まで戦おう アリス×メディスン」
>「優勝目指せ! アリス×メディスン」
 何と戦っているのかちょっと解りかねるのですが、すみません、アリスとメディスン絵はうちには無いんです…申し訳ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月4日22時半

■東方紅楼夢
サークル参加案内
『座り込みや通路での立ち止まり、弾幕ごっこは他の参加者の迷惑となりますので…』    …え?
 紅楼夢の参加書類が来ました、スペースは 妖-53 です。目下、職場が凄まじい状況になってるけど上手く仮眠を活かして頑張って原稿します。今ネームの最終調整中、基本コメディなんですが、霊夢VS霊夢よりシリアス分が増えそう。
 イベント参加で新刊持ってかない訳にはいきません、はるばる鹿児島から手ぶらで参加するわけにはいかない。寝台特急「あかつき」の切符もとらないとな!

9月24日、Coolier -クーリエ-さんの風神録専用東方絵板に投稿(初出)した霊夢+早苗+椛、低解像度版。カラーで初めて描いた早苗さん、何が描きたかった分かりやすすぎる。腋とか横乳とか。
Cb20071004

■Web拍手頂いてます〜。
>「幻想郷のお店に来て「あの…ドロワーズしか無いんですか?」と尋ねそうな予感>早苗」
 店主に「他にブルマあるよ、スコート?何それ」とか言われて仕方なくドロワ買って帰る姿を幻視した。早苗さんは多分幻想郷に来て初めてドロワの実物見たんじゃないかなと。帰って神奈子様に「セーラー服でそのまま飛んでたこともあったじゃない」とか言われ(以下妄想省略)
 基本私は霊夢と早苗さんは普段はぱんつという設定で描いてます、弾幕ごっこになる可能性濃厚な時(異変解決時とか)だけドロワやサラシを巻いていく、という感じ。買い出しの時とかだと、人里ど真ん中に着陸したりせずに、離れた場所に降りて歩いていくのじゃないかなと考えているので、スカートの中を覗かれる心配はしていないのじゃないかと。魔理沙は箒をまたぐからという理由。
 ので、風神録5面で迎え撃ったときの早苗さんは、台詞を考えるとぱんつだけだったと主張したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月2日23時ちょい前

■制限解除
 当初の予定を前倒ししまして、今日から風神録関連全てについて制限を解除しました。理由は既に主要ニュースサイト様、またその他のお絵描きサイト様での規制緩和が進んで、規制の必然性が薄れてしまったことが理由として…挙げられ…て

すみません、本当は

早苗さんが、東風谷早苗さんが描きたくてたまらないんです!

 いやもう、5面に入って早苗さんと初めて会った時はもう衝撃が走りましたね。目下、私の中で最もお気に入りの3人を挙げるなら紫様、霊夢についで早苗さん。なんとなく「さん」付けしたくなる、しかも公式絵で胸に影がついてることから「たゆん」の可能性濃厚、そして腋…(もういい歳なんだから落ち着け)
 という訳で、今後早苗さん絵も急速に増えることが予想されます。霊夢とのデュアル巫女さん…妄想が止まらない。

■テレビ廃止論
 最近はテレビのコンセントを引っこ抜き、テレビを見ないようにしています、これが割と快適。理由は時間を無駄にするから。
 いい番組もあるんですけど、「何となくつけてくだらん番組を何となくだらだら見てしまう」事との比率が悪すぎる。情報はネットで仕入れる事が出来るし、見たい映画とかNHKの風林火山の時だけ電源を入れるスタイルに。ああ後、ガンダムOOの第1話の時にも電源入れないとな(笑)
 欠点としては…一人暮らしでテレビついてないと寂寥感があること(汗)でもそれこそ慣れの問題か。

 もっと進めて、ワンセグチューナーを買ってしまえばテレビそのものを処分出来るのですが、私のテレビVHS一体型なんですよね。今買うとビデオデッキ高いので…よって今現在、うちのテレビは「画面付きビデオデッキ」と呼んだ方がふさわしい感じ。

■Web拍手頂いてます〜。
「ぎゃー、このゆゆさまにならくわれたい」
妖怪じゃないから人は食べませんから…やはりそのこれは性的な意味…でしょうか?

「このみすちーとゆゆ様の続きを是非!(性的な意味で」
すみません、続きはちょっと危険で描けません…鳥だから卵だよなと単純に考えていたのですが、具体的に産卵シーンがどう想像しても…その…特殊なプレイにしか見えないことに絶望した!

「紫と霊夢がたまらんっす 東方においてカップリングで妖怪と人間の寿命の差は妙の一つですね」
そうですね、こればかりは抗えない部分ですから。東方世界では割と冥界もすぐそばにあったりして一見、生き死にに関する悲壮感がない一方、背後に常に「その人格の消滅」死の気配があるように思えてなりません。

■10月8日 サンクリ37
 会場には行きませんが、※リンク先成人向けにてご注意ください※やきそば連合さんのやや特殊な合同本に4ページほど漫画を寄稿してます、もちろん成人向けで。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »