« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

絵描くの飽きたから絵描く

 えー、生きてます。うーん、原稿が忙しいからサイトの更新ペース落とすなんて言いたくないのですが、会社勤めしながらこれ以上生産量増やすのは限界に近いです。どんなに効率上げても絶対量が足りない。

 と言いながら、一昨日は「戦闘には補給も重要、補給が充分で負けた軍隊はない」と本屋でREX買いに行ったり、ようやく儚月抄読みましたよ〜。どうしよう、コミックス派なんですが次号も買おうかしら…永琳の口調は驚いたという人が多かったみたいですが、私のイメージでは違和感無しでしたね。
 心配なのは、これまでのREXの読者で東方を知っている人がどの程度いるかですね、東方全く知らない人には巻頭で簡単な解説?がありはしますが…訳わからないんじゃ…漫画だけだとどんな世界かもはっきりしないし…。

 落描き、咲夜さん。
Cb20070626b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

更新間隔開きます

 これから夏コミ原稿のネームに入る事もあり、時間的余裕が逼迫してきてしまいました。
 そのためしばらく更新間隔が開きます、絵をアップする時も多分モノクロ仕上げになるかと。見に来て頂いている方には申し訳ないのですが、ご了承いただけると幸いです。

Web拍手頂いてます〜。
「きっとこのゆゆ様は穿いてない」
それはもちろん! だって幽々子様だから(何
ところで今ふと思ったんですけど…今まで自覚なかったんですが、最近の絵を見る限り…もしかして私の属性にいつの間にか「はいてない」が追加されてる?…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白玉楼イベント

 そして僕は幽々子様の…

Cb20070618a

 幽々子様のお胸は幻想郷で一番と考える。

 本来は「ちちの日」用にバストアップで胸のところまで描いていたのですが、間に合わず…。じゃあお腹のあたりまで描こうと決心したのが今日の朝、職場で作業用エレベーターの扉に本日3回目の蹴りを入れた直後のこと。

 間に合わなかったのは決して胸を描き直したためではなく、単にフリルに手間取っただけですから、本当ですよ!

Web拍手頂いてます〜。
「久々ながら十分に目の保養ができました。次は志摩子でお願いします。」
 久々でしたね〜。急に由乃んな気分になりまして(どんなだ) 志摩子さん…すみません、次はちょっといつになるかわかりません…。

「わーい久しぶりのマリみて絵だ!・・・すごく刺激的な絵ですね・・もっと描いて下さいいい! 」

この後の展開が気になる絵です(笑)ペン入れ終えるまでどう要地を隠すか全く決めていなかったので、肌色を流した瞬間はなんとも気恥ずかしく。

「ノーパンは正義!」
 この書簡に対し、ノーパンは萌えの後盾であり、ノーパン即ち正義ではなく、そうあってはならぬ。…と批評したと伝えられている。(誰がだ)

「蔦子さんならスカートの中の茂みもバッチリ♪ ということで、自分は由乃んが森に落としていった ぱんつを探しに行ってきます(*゜∀゜)=3」
 由乃の場合はまだ茂みというよりは草原…(中略) 令さまが既に回収している可能性大ですが、由乃はしまぱんなので他の人のと区別はつきやすいかと思います?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目が合った

 由乃が遊歩道から離れて茂みに入っていくので、こっそり追ってみたのだが…。

Cb20070614

 手前の枝を透過出来るかは、あなたのフォース次第
 
 久々のマリみて絵がこれで良かったのかどうか。

 昨日は珍しく机で寝落ち。普段は眠気の臨界前に「だめだ眠い、仮眠する」と精神の方が先にギブアップ宣言するのですが…不用意に変な姿勢で、しかも2時間も寝てしまったので気持ち悪くて…。その分2時間就寝時間を遅くしようかとも思ったのですが、知人のアドバイスもあり原稿ノルマほったらかしで就寝。
 おかげで今日は割と快調。暑さと湿気に身体が慣れるまで後少しかかるかな。

Web拍手頂いてます〜、コメントをご紹介。
「座薬にしか見えねーよ!あと霊夢の乳は年相応で、年齢に応じた適乳だと主張します。あ、魔理沙はぺたんこ!」

 どうみても座薬ですよねえ(笑)当たり判定が長くて慣れるまで苦労しました。適乳!問題は年齢をどう解釈するかですね。一応中学生くらいの感覚で描いてはいるのですが、私の絵は頭身が高めですし…でも前回の霊夢はちょっと大きかったかも。
 魔理沙はぺたん、これは確定事項。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さてさて

鈴仙の座薬はきっと距離900メートルまで低伸するかも知れない。
「座薬座薬って言うな!」

Cb20070611

えー、前回の記事で公開は明後日かなとか書きましたが、見事に遅れました、ごめんなさい(汗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たいむあっぷ

 明日は非番なので一日中お絵描きしよう、と思って寝たのが昨晩のこと。で…今朝猛烈な胃痛で目が覚めました。以前同じ様な胃痛で夜間救急外来に駆け込んだことがあるのですが、同じタイプ。食べ過ぎとかではなく神経性のようなんですがね…胃薬飲んだけどその後すぐ吐いちゃ効果ないさね。

 お昼過ぎまで痛みが引かずに作業にならず、逆に考えると会社でなくて良かったのですが…そのせいで今日公開予定だったうどんげは未完成…申し訳ない。明日は出身大学のお絵描きサークルの合宿に顔を出すので公開は明後日かな。

Cb20070608pre

Web拍手頂いてます〜ありがとうございます。
「相手→ + ピチュチュチュチューン」
 横乳だけでなくもっと先まで見えそうで気が散るうえに、早いとこ済まそうと割と本気モードで弾幕る霊夢…そりゃ喰らいボムなんか間に合う訳も無く(笑)

「新刊ごっつぁんです。不足しがちなゆかれいむ分を補充できました。紫様は霊夢の母姉恋人!」
 ありがとうございます、初めての東方本であの内容は自分でもちょっと冒険でしたので(笑)気に入っていただけて嬉しいです〜。紫と霊夢は「ちょっと特別」であると信じたい。

「かごんま交通・・・台風で廃線でしたよね。高千穂もそうですし・・・乗ってみたかった。久しぶりの鉄ネタ! 私は西大山駅が個人的に好きです薩摩富士・開聞岳の雄大さが目に浮かびます」
 あの状況では台風が無くても遅かれ早かれだったとは思うのですが、災害から復旧出来ず廃止になった地方鉄道はいくつもあってやりきれないですね。高千穂鉄道は…高森トンネルの大出水が無く、着工率が高ければ全通して福岡ー宮崎間のメインルートになり、今頃水害からとっくに復旧していたかもと思うとますます…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

降るのは

「…あっ! 今日は出かける予定もなかったから、巻いてなかったんだっけ…」
霊夢の横乳が 描きたかったんです。

Cb20070604b
 大きさについては各論ありますが、普段はサラシで小さく見えているがそこそこ、という意見を採りたい(眉間にしわが寄るほど真剣に)

 天気も良く、帰ったら洗濯だぜ、と思いながら爽やかに朝日の中自転車で出勤……んんん、なんか目がしょぱしょぱする、風に違和感が、そう言えば遠くの山が霞んで…。
 昨日は久々に灰が降りました、おなじみ桜島の火山灰。イメージとしては、黄砂がより粗く荒んだ感じと思っていただければ…当然、こんな日に洗濯しようものなら大変です。
 もっとも以前、1980年代半ばの活動の激しいころに比べればはるかに大人しいそうなのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受かった

 おかげさまで夏コミC72、スペースを頂くことができました。ありがとうございます!

 金曜日 東 ク15b ClearBookです。

 航空券と宿も手配しましたし、会社の休みは…普段無茶な勤務指定に文句を言わないのは、このためなのさ。今回は17日から開催なので繁忙外れてますし、退職願懐に交渉しなくてもいいかも。

 旧鹿児島交通南薩線、加世田〜枕崎間のイメージ…でもちょっと線形が良すぎるかもですね。車両選択は迷いませんでした、キハ100一択。
Cb20070603a
南薩線は、個人的にタイムスリップしたら乗ってみたい路線の第2位です(1位 山野線)
昭和36年の日置、もしくは吹上から当時の西鹿児島(現鹿児島中央)への直結新線計画が実現していたらどうなっていたでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さらしもの

……痛っ!
Cb20070601

 えー、うっかりniftyのブログサービス・ココログのトップページから来てしまった方、ようこそClearBookへ、そしてこんなブログでごめんなさい。

 昨日はご好評いただき、沢山の人に見ていただけて嬉しかったのですが、妙な副産物が付いてきましたよ? こんな景品要りませんnifty様(泣)

 …まあもう今更なので、普通に更新します。

 岸田教団&The明星ロケッツさんの東方ボーカルアレンジ「幻想事変」から、「明星ロケット」のイメージで。Coolierさんの東方絵板にて初出(5月26日)したものの小サイズ版。幻想郷最速はやっぱり魔理沙なんですよ。
Cb20070601a

Web拍手頂いてます〜ありがとうございます。
>これは予想外のえろさ
 うーん、普通にスク水着てもらっただけだったのですが…ああ、それがいけないのか(笑)名札はレミリア様が、着せた後から書い(以降は擦れて読めない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »